岡山県アクシスメソッド(身体能力向上専門)

スポーツで上を目指している君! 頑張るお子様に何かしてあげたいと思っている親御様は読んで下さい!

※ご予約、お問合わせはLINE@もあります。

もっと上を目指して練習やトレーニングをしているけどなかなかクリア出来ないプレイの課題や苦手なことがある。

パフォーマンスを上げたいけど、もう無理だと思っている君!

何か分からないけど壁にぶつかっていて、どうしていいか分からい君!

そういった状況をなんとかしてあげたいと思っている親御様、アクシスメソッド®を試してみませんか?

「当たり負けしたくない」

「どうすれば、あの選手みたいに出来るのか?」

「どうすれば、もっと記録が伸びるのか?」

「もっと飛ばしたい!」

と考えながらプレイや練習、トレーニングをすることがあると思います。

しかし、すぐ上手くなる人がいれば、何回練習やトレーニングをしても思うように出来ない人がいます。

その時あなたは、あの人は別格だから、私はセンスがないからと諦めたりしていませんか?

まだまだ限界は先にあります!

実はもし、あなたにまだまだポテンシャルがあり、今までにないパフォーマンスをその場で引き出せるメソッドがあったら、あなたは受けてみたいと思いませんか?

もしそういった事が出来るのであれば、まだまだ諦める必要がないと思いませんか?

そんなあなたに「アクシスメソッド®」をオススメします!

アクシスメソッドは筋出力運動神経体幹柔軟性反射神経動体視力などを飛躍的に向上させるメソッドです!

しかも「その場限り」「数分だけ」とかではなく、「最大3ヶ月以上持続する」というありえない持続力なのです!

そのメソッドの正式名称は「Axis Power Mastery Method(アクシスパワーマスタリーメソッド)

略して「アクシスメソッド」といいます。

まずはこちらをご覧ください。

*こちらは香川県のアクシスメソッドトレーナー ゆったり整体院フィールの井上先生の動画です

 

アクシスメソッド(Axis Power Mastery Method)とは?

「ある法則」に基づいて頭蓋骨に軽くタッチをすることで頭蓋の状態を調整し脳に刺激を与えます。それにより筋肉を動かすための神経伝達がスムーズになり、思うように働いていなかった筋肉が連動して働いてくれることにより、トップアスリートや古武術、武道の達人が持っている中心軸を作り出すメソッドです。

「ある法則」とはアルゴリズムです。

アルゴリズムとは「問題を解く手順(解き方)」のことで、頭蓋骨のズレや歪みを手順に則って取ることです。

人間の頭蓋は23個の骨がパズルのように組み合わさって構成されています。

この頭蓋骨は衝撃、運動、生活習慣、ストレスetcでズレや歪みを起こすことが分かっています。

ほんのわずかなズレや歪みかもしれませんが、それが脳から筋肉などに出される司令(神経の伝達)がブロック(阻害)する原因になります。

そしてその人が本来持っている身体能力(パフォーマンス)が発揮出来ない状態になります。

アクシスメソッドは、神経伝達のブロックを解除し、思うように動かせなかった筋肉がスムーズに動き出すため、その人が本来持つ身体機能(ポテンシャル)を最大限に引き出します。

アクシスメソッドにより中心軸が作られ最高のパフォーマンスを引き出すことが出来るのです。

中心軸とは?

アクシスメソッドで中心軸の定義は「骨とそれを取り巻く筋肉につながる神経および神経の流れ」としています。

中心軸が出来ることで、身体の動きがナチュラルでスムーズかつパワーと柔軟性をすべて兼ね備え、パフォーマンスが最高の状態になります。

簡単にいうと中心軸が作られるとパフォーマンスに「良いことばかり!」です。

中心軸は、あらゆるスポーツで「最も必要であり、最も大切なもの」なのです。

これは誰しも潜在的にあり、身体に備わっていますが、それが使えれない状態や引き出せない状態にある人が多いですが、アクシスメソッドは潜在的な身体能力を瞬時に引き出してくれます。

中心軸が作られることで何が変わるのか

中心軸ができることで、無駄な力みやパワーを使わなくても、自然に動ける状態になります。

武道の世界で「脱力した状態」とでもいうのでしょうか。完全に脱力した状態ではなく、自然に立っている感じ。

あなたは練習や試合中、監督やコーチに「力を抜いて!」と言われたことがありますか?

抜いてるつもりでもなかなか出来ないこの「力を抜く」ということ。

「力を抜いているつもりでも周りから見ると抜けていないと言われる・・・」「力を抜くってどうするの?」と戸惑う人もいます。それは「力を抜く」という感覚がないからです。

アクシスメソッドを受けると力を抜くという感覚を得ることが出来ます。

力を抜く感覚が得られることで、必要な時に必要なだけあなたの身体能力を発揮出来ます。

自分は運動神経悪いから、うちの子は運動オンチだから。。。

そういう事はないのです。あなたには、あなたのお子様には秘められた潜在能力がまだまだ眠っているのです。

アクシスメソッド5つの特性

①筋出力があがる

 筋力ではない、個人の出せる力がアップします。

 単体の筋肉の力は限られていますが、より複数の筋肉が身体の動きに対して 連動して動くことでその人が持っている筋出力があがります。

②連動性があがる

筋肉どうしが連動(協力)して働くことで、色んな反応がよくなります。

筋肉が働く時には、主動筋と拮抗筋があります。

1つの動作をする時、動作をする筋肉を主働筋といい、その動きと逆に働く筋肉を拮抗筋といいます。

例えば、肘を曲げる動作をする時、主動筋は上腕二頭筋になり上腕二頭筋が収縮することで、肘を曲げる動作をします。逆にその裏側の上腕三頭筋は拮抗筋となり緩むことで肘を曲げるという動作を補助しています。

拮抗筋が伸びやすくなることで動作をスムーズに行えるようになりケガの防止にもなります。

③神経の伝達がスムーズになる

運動神経が活性化されることでパフォーマンスがあがります。

感覚神経が活性化されることで目・耳・鼻などの五感がよくなります。

④空間認識能力があがる

右脳が活性化されます。

左脳が主に論理的なことを司る機能だとすれば、右脳の機能は感性や感覚を司ることを主にします。

なので右脳の活性化により、空間認知、相手がどこら辺にいる、ボールの軌道などが見やすくなります。

⑤外軸の連動性向上

空間認知の連動で、バットやラケット、剣道の竹刀など道具に対しての意識が出来るようになります。

アクシスメソッドで得られる5つのメリット

①動きのコツが早くつかめるようになるので、フォームや身体の使い方が早く習得できる

監督やコーチ、トレーナーからフォームとか身体の使い方を練習で指導され、早く上手くなる人と何度やってもなかなか上手くならない人がいます。

「運動神経がいい!」「運動センスがある!」と言われる人は、身体の使い方が上手いのでコツをつかんでフォームや動きが早く習得出来るのです。

なかなかフォームや動きの習得、コツがつかめないあなたでもアクシスメソッドを受けると、自然と動ける身体になるので、今までより早くコツをつかめます。

②自分のイメージ通り動けるようになる

練習や試合で、イメージ通り、思ったように身体が動かないものです。

中心軸が出来ると、筋肉の連動性が出来るので、身体の機能性が高まり、イメージ通り身体の動きが出来るようになります。

そのためフォームもキレイになります。

③パワー!スピード!が向上します

全身の筋肉が連動してスムーズに動くようになるので、例えば投球動作で50%ぐらいしか使われなかった筋肉がアクシスメソッドを受けることで100%に近い筋肉を使って動けるようになるので、全身を使って投げるので、びっくりするぐらいパワー、スピードが上がります。

④柔軟性、持久力も向上する

筋肉の連動性の向上により、柔軟性、可動域が上がります。

スポーツをする上で柔軟性や可動域があがるのは非常に重要なことです。

柔軟性や可動域が上がれば1つ1つの筋肉にかかる負担が減るため、疲れにくくなるので持久力が向上します。

⑤ケガのリスクが激減します

中心軸が作られることにより自然で滑らかな動きができ、今まで50%ぐらいの特定の筋肉しか使われていなかったものが100%に近い筋肉を使えるようになります。

そのため1つ1つの筋肉にかかる負担が分散されるので、筋疲労がなくなるためケガのリスクが減ります。

動きが滑らかになることで、プレイ中の接触や転倒でのケガのリスクが減ります。

これからは軸の時代

すべてのスポーツにおいて、技術の向上、競技の向上のために「体幹強化」を目的とするトレーニングを何年もしている方がいると思います。

トップアスリートや武道の達人と言われてる人でさえ10年かかると言われています。

しかしアクシスメソッドは常識を覆し、短時間でトップアスリートや武道の達人が持っている中心軸を瞬時に手に入れることが出来ます。

アクシスメソッドの施術を受けることで

「体幹をトレーニングで鍛えるという常識は、もう過去の常識」と思えます。

今のあなたの能力はまだ限界ではありません。