受付時間
10:00

21:00


×

【定休日】日曜/祝日不定休
※水曜/10:00~19:00、土曜/9:00~13:00、祝日/10:00~17:00

顎関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • アゴが痛くて開かない
  • 食事の時、アゴが痛くて食事がままならない
  • あくびをするとアゴが痛くて開けるのが恐い
  • 食事の時、片方で噛む癖がある
  • 強く噛もうとするとアゴが痛い
  • マウスピースをしているがアゴの痛みがなかなか改善されない
  • 顎関節症と言われた

岡山市南区でこのようなことに心当たりのある方は、当院へご相談ください!

顎関節症とは|はーと整骨院(岡山市南区)

顎関節症は、顎関節の開口障害や顎関節の運動障害、顎を閉じるときに使う咀嚼筋の痛み、関節の痛みなどのことをいう。

顎関節症は以下のように分類されています。

Ⅰ型:咀嚼筋の障害(顎を動かす筋肉の痛み)

Ⅱ型:関節の障害(関節包、靭帯の問題)

Ⅲ型:顎関節円板の障害(関節円板という関節のクッションのずれによるもの)

Ⅳ型:変形性顎関節障害(骨の変形)

とくにⅠ型、Ⅱ型の顎関節症は当院がお役に立てます。

なせ顎関節症がよくならないのか? |はーと整骨院(岡山市南区)

顎関節症は痛み止めで様子を見たり、寝るときはマウスピースを処方されているケースが多いようです。

整体や整骨院で多いのは、アゴの筋肉や頭のマッサージ、下アゴの調整。

上記の治療では、なかなか良くならないとお悩みの方がいます。

顎関節症は、アゴの骨や筋肉の調整だけでなく、神経疲労やストレス、体全体の調整をしないと改善が難しい症状と考えます。

顎関節症の施術|はーと整骨院(岡山市南区)

施術ですが、当院はアゴ周囲の施術だけでなく、全身も整えて問題を解決していく必要があると考えています。

顎関節症の方は、アゴの筋肉が非常に硬くなっているため、緩みにくいです。

なので全身調整をした後、頭蓋骨にアプローチします。

なぜ頭蓋骨にアプローチするかというと、アゴの筋肉の咀嚼筋(噛む筋肉)は三叉神経という神経に支配されています。

三叉神経は脳神経の一部です。

脳疲労やストレスを受けている方ほど筋肉が硬くなっているため、まず神経の疲労、脳のストレスを抜かないといけないため、頭蓋骨にアプローチします。

あと側頭骨という頭蓋骨の骨の一つは顎関節の一部でもあるからです。

それから咀嚼筋を調整することで筋肉が緩みやすくなり、顎関節が調整されていきます。

顎関節症でお悩みの方、岡山市南区の当院までご相談ください。

執筆者:柔道整復師
院長 江本 敦史

資格取得後、はーと整骨院を開業。
今現在も様々なセミナーや勉強会に参加して得た技術や知識を元に、ケガや痛みに対して適切な施術を行っています。

お問い合わせ|はーと整骨院(岡山市南区)

はーと整骨院へのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

住所
〒701-020
岡山県岡山市南区大福432-22 クリオビル1階
駐車場
3台駐車スペースあり 他店舗共有駐車スペースほか1台
受付時間
10:00

21:00


×

【定休日】日曜/祝日不定休
※水曜/10:00~19:00、土曜/9:00~13:00、祝日/10:00~17:00

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

症状別メニュー【全身】

インスタグラム

  • 損害保険会社

会社概要