受付時間

ハート整骨院 086-250-3118

アクセス

TFCC損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 手をついた時痛い
  • 小指側に手首を曲げると痛い
  • スポーツ時に手首が痛い
  • 手首を回すと痛い
  • バットやラケットを振ると痛い
  • ドアノブを回す動作が痛い
  • ペットボトルのフタを回す動作が痛い

TFCC損傷とは|はーと整骨院(岡山市南区)

TFCCは三角線維軟骨複合体ともいい、手関節の小指側(尺骨)にある組織で、小指側の手関節を安定させ、衝撃を和らげるクッションの役割をしていています。

その組織が損傷することをTFCC損傷といいます。

手首に負荷やストレスがかかる動きがあるスポーツに発症する事が多くTFCC損傷はスポーツ障害のひとつとも言われていますが、日常生活でも起こることがあるので注意が必要です。

TFCC損傷が起こる原因は?|はーと整骨院(岡山市南区)

手関節(小指側) 手首を捻ったり、ついたりなどの衝撃がきっかけとなり損傷したり、手首の使い過ぎにより負荷やストレスがかかり損傷します。

スポーツではバットやクラブ、ラケットなどの道具を使う、野球・ゴルフ・テニスなどに多く発症します。

日常生活でも交通事故や手を捻ったり、転んで手をついた時など手首に急な外力がかかり痛める事もあります。普段生活で手をつくことが多い、フライパンなど重いものを持つことが多いなど、繰り返し手首に負担がかかることで発症します。

TFCC損傷は、安静にしていても痛みが治る事が少ない損傷と考えますので、TFCC損傷と診断された場合は早めにお問い合わせいただけたらと思います。

はーと整骨院(岡山市南区)のTFCC損傷の施術とは

1.手首周囲の皮膚を調整

皮膚の硬さは関節の動きの制限、循環を悪くしていますので、当院独自の手法で皮膚を緩めていきます。

2.筋膜調整

TFCCに関連する筋膜、前腕の筋膜を当院独自の手法で調整します。

3.セルフケア

自宅でも出来るセルフケアを指導いたします。

はーと整骨院(岡山市南区)からTFCC損傷でお悩みの方へ

TFCC損傷は安静にしていても、なかなか痛みが治らない症状と考えます。

一番いいのは手首に違和感を感じていたり、初期症状で早めに治療する方が良いです。

ただ、もし今サポーターや湿布、痛み止め、電気やマッサージ、アイシングで様子をみていて、なかなかよくならないと悩んでいたり、手術をススメられていて、手術は出来るだけしたくないと思われている方は、違う治療法もありますので、ぜひご相談ください。

岡山市南区 はーと整骨院 お問い合わせ

はーと整骨院へのお問い合わせ

086-250-3118

住所
〒701-020
岡山県岡山市南区大福432-22 クリオビル1階
駐車場
3台駐車スペースあり 他店舗共有駐車スペースほか1台

受付時間