受付時間

ハート整骨院 086-250-3118

アクセス

グローインペイン(鼠径周辺部痛)症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • スポーツ時に股関節が痛い
  • ボールを蹴ると鼠径部や内股が痛い
  • 足の付け根が痛い
  • 全力で走ると足の付け根が痛い
  • 鼠径部も痛いが、腰痛にも悩んでいる
  • 練習を再開したらまた痛くなった
  • 姿勢が気になっている
  • 早く思いっきりスポーツしたい

グローインペイン症候群とは|はーと整骨院(岡山市南区)

グローインペイン症候群は、「恥骨結合炎」「内転筋腱障害」「スポーツヘルニア」などと診断さることもありますが、これらの総称として最近では「グローインペイン(鼠径部痛)症候群」と診断されます。

陸上競技、バスケット、ハンドボールなど多くのスポーツに発症する可能性がありますが、サッカーで発症するケースが多く、治療には時間がかかると言われているスポーツ障害のひとつです。

グローインペイン症候群が起こる原因は?|はーと整骨院(岡山市南区)

10〜30代のサッカーをしている方に多く発症し、恥骨や内股への過度な負荷やストレスが原因で起こります。

《グローインペインが発症しやすい特徴》

①臀部(お尻)筋が硬い

臀部の筋肉が硬いと股関節の可動域などにも影響が出て、恥骨付近や内転筋に負担がかかります。

②腰痛がある

下半身の筋肉の硬さの影響で骨盤の捻れが起き鼠径部や恥骨に負担がかかります。

③オーバーユースがあります。

オーバーユース、疲労の蓄積により筋肉が硬く鼠径部や内股に負担がかかります。

もし治療で痛みが取れてスポーツに復帰出来たとしても、グローインペインを度々起こしている方は、 体の使い方、体幹の使い方、間違った動作(クセ)が負担を与えて、痛めている場合もあります。

はーと整骨院(岡山市南区)のグローインペイン症候群の施術とは

1.恥骨結合、その周囲の調整、臀筋・内股(内転筋など)の調整などを行います

2.リアライン

骨盤、股関節の動きを調整するためリアライン・コアというものを骨盤に装置し(痛みはありません)、骨盤、骨格の歪みを改善し、骨盤、股関節を調整することで恥骨部、内股にかかる負担を軽減させます。

3.胸郭体幹調整

当院独自の手技で胸郭(肋骨)調整をすることで体幹が使いやすくなります。
体幹が使えることでバランスがよくなります。

はーと整骨院(岡山市南区)からグローインペイン症候群でお悩みの方へ

当院の基本的な考え方として、グローインペイン症候群でもスポーツを休まずに状態を確認しながらしてもらっています。

もし過去に、休んで痛みはなくなったけど、再開すると結局痛みが元に戻った経験はありませんか?

当院では治療と胸郭体幹調整を併用しながら、スポーツをしてもらい、どういう状態だったか確認しながら治療を進めていくため、早期改善が可能となりました。

一番いいのは違和感を感じていたり、初期症状で早めに治療する方がいいですが、もし今、湿布や痛み止め、電気やマッサージ、アイシングで様子をみていて、なかなかよくならないと悩んでいたり、試合が近かったり、この先どうなるか不安に感じている方は、ぜひご相談ください。

岡山市南区 はーと整骨院 お問い合わせ

はーと整骨院へのお問い合わせ

086-250-3118

住所
〒701-020
岡山県岡山市南区大福432-22 クリオビル1階
駐車場
3台駐車スペースあり 他店舗共有駐車スペースほか1台

受付時間