岡山市 大手口コミサイト上位のはーと整骨院 ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)は当院へ!

受付時間

ハート整骨院 086-250-3118

アクセス

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝のお皿の下あたりが痛い
  • ジャンプやダッシュで痛い
  • 踏ん張ると痛い
  • 痛みで思いっきり走れない
  • 痛みで思うようにプレーできない
  • スポーツを休みたくない
  • ジャンパー膝と言われたがなかなか良くならない
  • 足の専門家に見てほしい

ジャンパー膝とは|はーと整骨院(岡山市南区)

ジャンパー膝は、ほかにジャンパーズニー、膝蓋靱帯炎(腱炎)と呼ばれ、膝蓋靱帯や大腿四頭筋腱の炎症で膝蓋骨(お皿)下あたりが痛くなる障害です。

とくにジャンプ動作やダッシュ、踏ん張るなど、膝の屈伸時に膝下の膝蓋靱帯に負荷が強くかかる動作で痛みが出ます。

主にバスケットボール、バレーボール、ハンドボールなどジャンプやダッシュ動作が多い競技に発症しやすいと言われているスポーツ障害のひとつです。

ジャンパー膝が起こる原因は?|はーと整骨院(岡山市南区)

スポーツや運動での膝下の膝蓋靱帯へ繰り返しかかる負担、オーバーユース(使いすぎ)により、靱帯や腱の脆弱な部分に微細な損傷が発生して、炎症を起こします。

もし治療や休養で痛みが取れてスポーツに復帰出来たとしても、ジャンパー膝(膝下の痛み)を度々起こしている方は、 オーバーユースだけが原因ではなく、バランスの崩れや体の使い方、足の使い方など、間違った動作(クセ)が膝蓋靱帯への負担が必要以上にかかりすぎ痛めている場合もあります。

当院ではジャンパー膝に特化した治療だけでなく体の間違った使い方のクセの修正や体幹の調整もできます。

はーと整骨院(岡山市南区)のジャンパー膝の施術とは

1.皮膚や腱膜の調整

当院ではジャンパー膝はまず、皮膚や腱膜を調整していきます。膝蓋靱帯周囲の硬くなっている皮膚、膝蓋靱帯を独自の施術で緩めていき、腱膜を調整することで、痛みを軽減させていきます。

2.リアライン

骨盤、股関節の動きを調整するためリアライン・コアというものを使用します。骨盤、骨格の歪みを改善し、骨盤、股関節バランスを調整することで足にかかる負担を分散させていきます。

3.セルフケア

1日でも早く思いっきりスポーツをしてもらえるよう、自宅でも出来るセルフケアを指導いたします。

はーと整骨院(岡山市南区)からジャンパー膝でお悩みの方へ

当院の基本的な考え方として、ジャンパー膝も治療とセルフケアを併用して、スポーツを休まずにしてもらっています。もし過去に、休んで痛みはなくなったけど、再開すると結局痛みが元に戻った経験はありませんか?

休んで痛みが軽減していくことはある意味当たり前です。当院では治療とセルフケアを併用しながら、スポーツをしてもらい、どういう状態だったか確認しながら治療を進めていくため、早期改善が可能となりました。

違和感を感じていたり、初期症状で早めに治療した方がいい事はお分かりだと思いますが、もし今、湿布や痛み止め、電気やアイシングで様子をみていて、なかなかよくならないと悩んでいたり、試合が近かったり、この先どうなるか不安に感じている方は、ぜひご相談ください。

岡山市南区 はーと整骨院 お問い合わせ

はーと整骨院へのお問い合わせ

086-250-3118

住所
〒701-020
岡山県岡山市南区大福432-22 クリオビル1階
駐車場
3台駐車スペースあり 他店舗共有駐車スペースほか1台

受付時間