受付時間

ハート整骨院 086-250-3118

アクセス

シーバー病(かかとの痛み)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • かかとが痛い
  • 走ると痛い
  • スポーツ後に痛い
  • かかとを押さえると痛い
  • 痛みでかかとが着けない
  • スポーツ中も痛くなる
  • 朝起きて歩く時かかとが着けない
  • 成長痛の専門にみてもらいたい

シーバー(セーバー)病とは|はーと整骨院(岡山市南区)

踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)ともいい、踵骨(かかとの骨)の成長軟骨部分に起こる炎症で、小3〜小6ぐらいに多くみられ、成長痛といわれている障害です。

スポーツをしている子供に多く発症し、当院ではサッカー、野球、バスケットボールをしている子供達が多いです。

シーバー病が起こる原因は?|はーと整骨院(岡山市南区)

踵骨にはアキレス腱が付着していますが、運動時に腓腹筋(ふくらはぎ)の硬さ、アキレス腱の張力が骨端軟骨へのストレスとなり炎症を起こします。

皮膚の硬さにより循環(血流)が悪くなり障害を起こすこともあります。

はーと整骨院(岡山市南区)のシーバー病の施術とは

1.皮膚調整

皮膚の硬さは柔軟性の制限、循環を悪くしています。障害のある側の皮膚は硬くなっていることが多いです。
当院独自の手法で皮膚を緩めていきます。

2.筋膜調整

下腿の筋肉の硬さにより、腓腹筋、アキレス腱などの筋膜、腱膜の異常を起こしています。
当院独自の手法で筋膜、腱膜を調整していきます。

3.リアライン

骨盤、股関節の動きを調整するためリアライン・コアというものを骨盤に装置し(痛みはありません)、骨盤、骨格の歪みを改善し、骨盤、股関節を調整します。

4.セルフケア

自宅でも出来るセルフケアを指導いたします。
1日でも早く思いっきりスポーツをするためにシーバー病にセルフケアは必要になります。

はーと整骨院(岡山市南区)からシーバー病でお悩みの方へ

もしシーバー病でスポーツを休み、治療で痛みが取れてスポーツに復帰しても、またすぐに痛みを起こしている方は、 靴の履き方、体の使い方、体幹の使い方、間違った動作(クセ)が負担を与えて、痛みを繰り返している場合もあります。

当院ではそういった靴の履き方、クセや体の使い方のお話もさせていただいています。

一番いいのはかかとに違和感を感じていたり、初期症状で早めに治療する方がいいですが、もし今、湿布、痛み止め、電気やマッサージ、アイシングで様子をみていて、なかなかよくならないと悩んでいる方は、違う治療法もありますので、ぜひご相談ください。

岡山市南区 はーと整骨院 お問い合わせ

はーと整骨院へのお問い合わせ

086-250-3118

住所
〒701-020
岡山県岡山市南区大福432-22 クリオビル1階
駐車場
3台駐車スペースあり 他店舗共有駐車スペースほか1台

受付時間