受付時間

ハート整骨院 086-250-3118

アクセス

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩くとおしりから足にかけて痛みが出る
  • 少し歩くと痛みが出るが少し休憩すると痛みが治まる
  • 片方の下半身に違和感があり、腰も痛い
  • 仰向けで寝ることができない

脊柱管狭窄症の特徴|はーと整骨院

脊柱管狭窄症は腰椎の変性や変形によって、脊髄が通っている箇所が神経を圧迫してしまい発生してしまいます。症状としては腰痛や足の痺れがありますが、必ず症状があるとは限りません。

あまり症状が見られないという方もいますので注意が必要です。

柱管狭窄症は手術をしないと治らないと勘違いされている方が多いのですが、当院のオリジナルの施術方法により、症状を良くすることができます。

そもそも脊柱管狭窄症の原因とは?|はーと整骨院

腰椎が神経を圧迫してしまう原因は、姿勢の悪さにあります。上半身の重みを腰椎一本で支えている状態ですので、腰を丸めて長時間の作業などを繰り返すと変形してしまいます。

骨盤が歪んで後ろに傾いてしまうと、同時に腰椎も自然と後ろに傾いてしまうため、背中全体の筋肉が使われず椎間板への負担がとても大きくなってしまうのです。

後ろに傾くと、身体は前かがみの状態を維持することになり20~40代ですと「椎間板ヘルニア」の危険性が高くなります。

60歳以上ですと椎間板自体の水分が減少してしまい、腰椎に負荷がかかってしまいます。

脊柱管狭窄症は長年、歪んだ姿勢をし続けると腰の骨が変形してしまい神経を圧迫してしまいます。そして血流が悪くなり歩くだけで痛みを感じるようになるのです。

脊柱管狭窄症を施術する方法|はーと整骨院

脊柱管狭窄症は変形した腰椎を治せれば解決できるのですが、実は腰椎は変形してしまうと元には戻せません。しかし変形した腰椎の負担を減らすことは可能ですので、圧迫してしまっている神経を助ける施術が必要となります。

まずは骨盤の矯正を行い、土台から改善をしていきます。同時に骨盤の周辺の筋肉もほぐしていき、骨盤が矯正しやすい環境と整えます。

そして筋膜調整を行うことにより、血流の改善が期待できますので神経の圧迫を減らすことが出来るのです。

しかし長年の圧迫がありますので。施術後すぐに効果が表れません。複数回施術を行うことにより、徐々に改善していくという方法です。

脊柱管狭窄症=手術と診断する病院も多いため、絶望して来られる方もいますが、悲観をせずにまずは当院に相談してみてください。

痛みの原因である歪みを改善していき、血流を取り戻すことにより痛みを緩和していきます。

そして丁寧な身体づくりをして、再発防止をしていきましょう。

お問い合わせ

はーと整骨院へのお問い合わせ

086-250-3118

住所
〒701-020
岡山県岡山市南区大福432-22 クリオビル1階
駐車場
3台駐車スペースあり 他店舗共有駐車スペースほか1台

受付時間