【新事実!】まだあった!ホグレルの効果!!

ホグレルをするだけで疲労回復効果もあった

一般のウェイトトレーニングは筋肥大を目的としているため、トレーニング後は筋疲労し、筋線維も強いダメージを受けるので、久しぶりにすると後に筋肉痛になってしまうことがありますよね。

こういった状況では疲労が取り切れず、競技練習や試合を行うとケガなど色々なリスクが伴います。

しかしホグレルマシントレーニングは柔軟性を上げ、動作の改善効果だけでなく、血中ヘモグロビン濃度に変化が起きて疲労回復に関係することが分かったのです!

ヘモグロビン(hemoglobin)とは

ヒトを含む全ての脊椎動物や一部のその他の動物の血液中に見られる赤血球の中に存在するタンパク質である。酸素分子と結合する性質を持ち、肺から全身へと酸素を運搬する役割を担っている。赤色素であるヘムを持っているため赤色を帯びている。ヘムの鉄原子に酸素が結合し、血液中を通って各組織へ運搬する。酸素と結合したヘモグロビンはオキシヘモグロビン(酸素化ヘモグロビン)(oxyhemoglobin)、酸素と結合していないヘモグロビンはデオキシヘモグロビン(脱酸素化ヘモグロビン)(deoxyhemoglobin)と呼ばれる。  (ウィキペディアより抜粋)

初動負荷トレーニングとヘモグロビンの関係

S☆1という番組のコーナーで、イチロー選手に興味深い測定をしていた。初動負荷トレーニングをすることで血中ヘモグロビンがどう変化するのかを測定していたのでそれを紹介します。

                   (S☆1)イチロー特集/第一夜「43歳の衰えぬ肉体」より抜粋

下の画像を見て下さい ⬇

普通のウェイトトレーニングをした場合、酸素を蓄えたヘモグロビン(赤い線)は時間の経過とともに徐々に減っていくことが分かる。

初動負荷トレーニングをした場合、酸素を蓄えたヘモグロビンが増えていることが分かる。

                   (S☆1)イチロー特集/第一夜「43歳の衰えぬ肉体」より抜粋

ホグレルマシントレーニングは初動負荷マシントレーニングと同様の効果があります。

ホグレルマシントレーニングは、柔軟性向上、可動域の改善による運動機能向上、動作改善だけでなく、疲労回復にも効果があるということです。

ホグレルのお問合わせは、はーと整骨院までご連絡下さい。(ホグレルお一人様1回のみ無料体験しています)