【衝撃事実!】あなたのオスグッドの悩みに出来ること

同じ病院や治療院に1か月以上通院しているのに膝下の痛みが解消しないのであれば、その治療方法は間違っています!

オスグッドの痛みにお悩みのあなた、信じられないかもしれませんが、オスグッドは正しい施術をすると早期に改善していく症状です。

運動も休む必要はありません。

もし、オスグッドを発症してから1か月以上治療しているのに・・・

●少し楽になった程度

●痛みが変わっていなくて、むしろひどくなっている

●痛みが良くなったけど、運動を始めたらぶり返した

というのであれば、治療方法が間違っている可能性が高いです。

数か月、数年、オスグッドに悩んでいるのであれば、以下のような治療をしていませんか?

もし行っているのであれば、今すぐ中止することをオススメします!

このような治療方法ではありませんか?

①湿布、痛み止め

②物理療法(電気治療、超音波、干渉波など)

③マッサージ

④アイシング(膝下を冷やす)

⑤ストレッチ

⑥オスグッドバンド、テーピング

⑦骨盤調整

⑧猫背などの姿勢調整

⑨股関節、足関節調整

⑩手術をススメられている

なぜ上記治療法を中止しなければいけないのか

①②③④原因を取り除いてないので、一時しのぎで良くも悪くもならないか、悪化する可能性があります。

⑤⑥余計に悪化しますので今すぐやめて下さい。

⑦⑧⑨痛みは軽減することもありますが、痛みの戻りがあります。

⑩オスグッドに手術は必要ありませんから、やめておいた方がいいです。

もちろん治療している側は、良くなると思って治療していますが、オスグッドでは逆に治療の妨げになり治りづらくしています。

患者様の証言

「治療しているのにまだ痛くて、しゃがむことが出来ないんです・・・」

「色んな病院、整骨院に通いましたが、痛みがなくなりません・・・」

「どこに行っても一緒なので、もう諦めかけてます・・・」

「オスグッドになって1年治療していますが、いつ治るのでしょうか?・・・」

「病院に行ったら練習を休めと言われたのですが、練習を休みたくないんです・・・」

「ありとあらゆるとこに行きましたが、思うように良くならない・・・」

と当院には、あらゆる治療を試したけど治らず、すがるような想いで来院される患者さんが多いです。

 オスグッドになりやすい子の特徴

オスグッドになりやすい子は、栄養学的にいうと糖質の摂取が過多になっていることが多く「あるところ」が硬くなり」、膝下の痛みの原因になっている脛骨粗面に影響を及ぼしています。

※糖質・・・スナック菓子、菓子パン、ジュースなど

はーと整骨院の施術はどうするの?

当院では、この痛みの発生源となっている脛骨粗面に対して当院独自の「特殊な施術」をすることで、痛みの元を除去していきます。そうすることで早期にオスグッドの痛みを激減させます。

子供たちの大好きなスポーツを休ませることも致しません!

なかなかよくならないオスグッドの痛みは当院にお任せ下さい。