足首の捻挫や骨折後遺症で整形外科・治療院をお探しの方

骨折の後遺症で足首の関節が思うように動かない・・・

ブログへの訪問ありがとうございます。

当院はオスグッド専門施術をはじめ、スポーツ障害/外傷である、ねんざ、肉離れ、セーバー(シーバー)、足底筋(腱)膜炎、ランナーひざ(腸脛靭帯炎)シンスプリント、鵞足炎、ジャンパーひざ(膝蓋腱炎)、有痛性外脛骨、つき指などの早期改善も得意としています。

骨折後遺症で思うように関節が動かせない方(関節運動障害)にも同様に早期に改善できる施術を行っています。

関節運動障害

骨折後の後遺症の中のひとつに、痛みや引っ掛かりが残り、関節が今までのように思うように動かせないという関節運動障害があります。

骨折後の関節運動障害は、関節の変形、骨が変形して治っていない限り、多くは長期固定によるものです。

例えば、正常だと90°関節が曲がるものが、骨折でギプスなどによる長期固定により30°ぐらいしか関節が曲がらなくなったとします。リハビリしても60°ぐらいまでしか戻らず、それ以上リハビリをしても60°以上曲がらない状態になれば、そのまま症状が固定と判断されます。そうするとリハビリは中止されます。

関節が正常より曲がらない状態のままで仕事やスポーツをするとどうでしょうか?

職種によっては困ることがあると思います。

スポーツをするにも困ることが多いと思います。

もし、あなたが後遺症で関節運動障害があるならば、今よりもっと曲がるようになったらどうですか?

下の初回施術前の写真は、約7年前に腓骨(スネの外側の骨)を骨折され、オペをされたHさん。

関節が思うように曲がらず困って来院されました。

写真はしゃがんでもらってどれくらい足首(足関節)が曲がるか確認したものです。

右足首の可動域の問題でしゃがめないようです。

【Hさんのお悩み】

仕事でしゃがむ事があり、痛みもあり曲がりにくいため、しゃがみ難い。

ゴルフで斜面を歩きにくく、打つ時に右足の踏ん張りが骨折前のようにいかない。

不規則に痛みが起きる。

初回施術後

1回の施術でここまで回復しました。

踵(カカト)がもう少しで着くかな?という所まで、しゃがめるようになりました。

ホームケアを教えて、家でしてもらうようにして、初回はここまでにしました。

4日後 2回目の施術

下の写真は、4日後の2回目施術前のしゃがんでもらったものです。

戻りもなく、しゃがみの角度はやや違いますが、カカトが着ける状態です ⬇

2回目施術後にはさらにしゃがむ角度がよくなりました ⬇

さらに4日後 3回目の施術

3回目施術前のしゃがんだ状態を聴くと、仕事で支障はなくなっているが、強いて言うなら足首(足関節)の前から少し外側が引っかかるような、ちょっと痛みがあるということでした。

あとはこの部分を改善するアプローチをしました。

3回目施術後の感想を聴きました。

足首は左右の差はほぼ変わらない曲がり方になっている。

ゴルフはまだしていないので分からないが、施術をしてもらってから、不規則な痛みはない。

(※個人の感想で個人差はあります)

骨折の後遺症で関節が元のように曲がらなくなった、足首などの捻挫で次の試合までに日にちがないなどありましたらご相談下さい。