【アクシスメソッド®】周辺視野や動体視力をあげる

瞬時に(その場で)周辺視野、動体視力をあげるアクシスメソッド®

アクシスメソッドの本コースや体験で周辺視野や動体視力をあげて、どんな変化が起きたか聴いてみました!

【サッカー、ハンドボール】シュートコースが予測しやすくなる

【ハンドボール】走ってる味方にパスをする時に距離がバッチリ合う(相手との距離感がつかめるため)

【サッカー】味方や相手の位置関係がよく分かる(見える範囲が広がっているため)のでパスなどをどこに出せばいいかイメージしやすくなる

【ゴルフ】パターでアドレスに入った時、カップが横目でよく見えるので狙える距離が増えた

【バドミントン】スマッシュを返す反応力があがった

このような声が聴かれていますが周辺視野や動体視力があがることで、あなたの競技にも当てはめてみて下さい。

色々な可能性が持て、広がると思います (^^)

視野を広げるアクシスメソッド BEFORE→AFTER

上の写真の1枚目はアクシスメソッド前で2枚目がアクシスメソッド直後の写真です。

3枚目はアクシスメソッド®施術が終わって、Hogrel(ホグレル)をされていたので、30分後にもう一度撮らせていただきました。そうするとビックリ❗

さらに視野が広がっていました!

このようにアクシスメソッドは施術直後より時間が経つほど効いていきます。

上の写真のクライアントは右側の視野がとくに狭かったですが、アクシスメソッド後はこのように広がります。

※効果には個人差があります。

動体視力をあげるアクシスメソッド動画

https://youtu.be/X-fW9I-_UkA

※効果には個人差があります。

なぜアクシスメソッドで周辺視野や動体視力があがるのか?

アクシスメソッドは頭に軽くタッチすることで、神経伝達がよくなります。

周辺視野や動体視力をあげることを目的としたアクシスメソッドをすると右脳が活性化され、空間認識能力があがります。

左脳が主に論理的なことを司る機能だとすれば、右脳の機能は感性や感覚を司ることを主にします。

右脳の活性化により、空間認知、相手がどこら辺にいる、ボールの軌道などが見やすくなります。

アクシスメソッド体験もありますので、お問い合わせ下さい。