《ゴールデンエイジ必見!》成長期にアクシスメソッド®を受けたほうがいい理由

成長期にアクシスメソッド®を受けたほうが良い理由

もしお子様に、まだまだ秘めた身体能力があるかも?あるなら引き出してみたい!と少しでも思われているあなたは最後まで読んでみて下さい。

どなたでもスポーツをしている以上「うまくなりたい」「あの選手のようになりたい」「もっと記録を伸ばした」「格好良くプレイしたい」などなど様々なことを思って練習やプレイをしていると思います。

子供の成長期でゴールデンエイジをいう言葉がありますが、ご存知ですか?

このゴールデンエイジにアクシスメソッド®を受けることで、お子様の可能性を引き出してあげることが可能です。

「ゴールデンエイジ」は3つのカテゴリーに分かれます

ゴールデンエイジとは、子供のスポーツなどの成長において「センスを磨くこと事のできる時期」です。

簡単にいうと運動神経がよくなるスポーツが上手くなるなど何かを上達するためにとても重要な時期になります。

ゴールデンエイジは年代で3つのカテゴリーに分けます。

「プレゴールデンエイジ」「ゴールデンエイジ」「ポストゴールデンエイジ」

プレゴールデンエイジ

3歳〜8歳ごろ(※)

この時期は神経回路が体内に次々と張り巡らされていく時期で、色々な遊びやスポーツを経験させることが非常に有効です。

教え込むのではなく、興味を示したことをとことんさせてあげましょう。

ただ飽きっぽい時期でもあるので、楽しませながら運動させることが大事です。

ゴールデンエイジ

9歳〜12歳ごろ(※)

神経系統の発達が約90%形成されます。

今まで出来なかったことが突然できたり、技術やセンスが大きく成長の見込める時期。

思ったように体が動かせるようになっていきます。

人の動きを見ただけで、すぐにマネができたり、すぐに技術を習得できるようになる時期です。

ゴールデンエイジの取り組み方次第で全国レベル、いやトップアスリートになれる可能性を高めることができます。

ポストゴールデンエイジ

13歳〜15歳ごろ(※)

神経系統がほぼ100%形成されます。

体格が大きく変わり始める時期です。

心機能、循環器、呼吸器系統が急速に発達するため、持久力を上げるトレーニングができることで、

反復練習など長時間の練習やトレーニングが可能となります。

(※)子供により成長スピードに個人差があるので±2〜3歳

お子様がアクシスメソッド®を受けるおススメの時期

神経系統が形成される小学校高学年以降です。

アクシスメソッド®施術を受けることで、脳からの神経の流れをよくします。

神経系統が著明に形成される小学校高学年以降にアクシスメソッド®を受けることで、本来持っている筋肉の機能を引き出すため、イメージ通り身体が動かせるようになったり、やっているスポーツの正しいフォームを覚えるのに非常に有効です。

そして柔軟性や筋肉の連動性が上がっているのでケガのリスクも減ると考えられます。

まとめ

アクシスメソッド®は頭蓋骨を法則に従って軽くタッチすることで、秘めた身体能力を引き出すことが可能なメソッドです。

ゴールデンエイジというあらゆる可能性を秘めている時期にアクシスメソッド®を受けることは、あなたのお子様の潜在能力を引き出し、身体能力をよりアップすることが可能になります。

「あなたの子供に成功体験を!」

まだまだ諦める必要はありません!

ご興味があれば、「体験版アクシス」もご用意しておりますので、お問い合わせ下さい。

 

最後まで、ブログを読んで頂きありがとうございました m(__)m