【新発見】足が疲れやすく、つりやすいあなたにアクシスメソッドが出来ること

足がすぐ疲労したり、つりやすくなる原因は!?

下記のような症状で思い当たることはありますか?

試合や練習などで、はじめはいいが途中から足が痛くなったりする

足がよくつる(ふくらはぎ、足裏など)

足裏がすぐ疲れる、痛くなる

ふくらはぎがダルくなる、すぐ疲れる

ウォーキングやランニングをしていて途中から足が痛くなる

昔、なにかの文献で読んだのですが(なにか忘れてしまって申し訳ありません^^;)、これらに当てはまるあなたは、足の『安定性に欠けている』という事があります。

足がダルくなったり、重い感じだけでもイヤなのに、つったりすると痛いですよね。

足の安定性の検査

足の安定性をはかるテストで「片足つま先立ち」をしてみて下さい。

片足ずつ、カカトを5〜7cmあげて、6秒以上キープします。

6秒以下だと「安定性に欠ける」ということになります。

足の安定性に欠けると、足を地面に着けた時の不安定性からバランスをコントロールしようと余分な力がかかるため負担がかかり、すぐ疲労したり、練習や試合の後半になると足がつるということになるのです。

(※イオンとかカルシウムとかの栄養面はここでは考えていません)

足の安定性を上げるためアクシスメソッドができること

持久力を上げようと走り込む

ふくらはぎなどをストレッチ、マッサージする

足裏のトレーニング

などと、足がつったりするのは筋力が弱いからだ、疲労を除去するためにストレッチやマッサージなどをする方法もありますが、そもそも地面に接地している足裏の『足底筋』の問題を解消しなければ、根本的な安定性という部分は変わらないのです。

アクシスメソッドはその『足底筋』に中心軸を入れ、足の安定性を上げることが出来ます。

アクシスメソッドは部位を特定して「中心軸」を入れることが出来ます

アクシスメソッドは部位を特定して、中心軸を入れることができます。

なので『足底筋』に入れることが出来ます。

アクシスメソッドで『足底筋』に中心軸を入れて、足を安定させた状態でトレーニングします。

そうすると足の安定性がすぐ上がるため、疲労や練習や試合の後半になったらつってしまう事などのリスクを減らすことができます。

アクシスメソッドの特徴

驚異の即効性

アクシスメソッドは受けたその場で、身体機能に変化が起こります。

その場でアクシスメソッドの効果を実感できます。

 脅威の持続力

通常のアクシスメソッドを受けると個人差はありますが、効果は約20日〜30日持続します。その間に6回継続してアクシスメソッドを受けると約3ヶ月〜6ヶ月持続します。

中心軸を入れる部位を選定できます

動きを良くしたい部位、個々の競技や課題に応じて入れたい部位をオーダーメイドできます。

無痛で副作用なし

アクシスメソッド施術は一切痛みはありません。

頭へ軽くタッチしているだけなので副作用もありません。

しかも施術時間は短いです。

驚きの再現性

アクシスメソッドは、個人の持つ個体差は影響しません。すべての人に結果を出せることが出来ます。

アクシスメソッドの体験も出来ますので、お問合わせは「はーと整骨院」まで!