アクシスメソッド施術で入る中心軸のメリット

アクシスメソッドで『中心軸』が出来るメリット

アクシスメソッド施術を受けると『中心軸』が入ります。

アクシスパワーマスタリーメソッド協会が提唱する『中心軸』とは「筋肉の機能、様々な機能が最大限に発揮された状態」と定義されています。

『中心軸』が入れば、人体の構造上、骨格を支え、運動を支配している筋肉が本来の働きをすれば、力学的に最もスムーズな動きをすることが出来、最大のパフォーマンスを発揮することが可能になります

『中心軸』3つのメリット

その1 筋肉の柔軟性が上がり、関節の可動域もあがります。

柔軟性、関節可動域が変わることでパフォーマンスが上がります。

肩の柔軟性、股関節の柔軟性なども上がります。

スローイング動作が向上する

ランニング動作がスムーズになる

リフティングなどのボール操作が向上する

筋肉の柔軟性や関節可動域向上することで、ケガの防止にもつながっていきます。

その2 連動性がよくなり、筋出力が上がります

【連動性とは?・・・筋肉は連動した方がスムーズに効率よく運動動作が出来ます。例えば野球のボールを投げるという動作を考えた時、下肢からエネルギーを体幹に伝え、そのあと肩、肘、手、最終的にボールと連動的に伝わった方が効率よく、かつ力のあるボールが投げれます。】

送球動作で、このような悩みはないですか?

手投げになる。

普段の生活では肩は痛くないのに、ボールを投げると肩が痛い。

速い球が投げれるようになりたい

これは上手く身体が連動出来ないことでフォームが悪くなって、あなたがイメージしてるような動作が出来ていないことが原因となります。

例えば、あなたが普段、投球動作やスローイング動作で5個の筋肉を使って投げていたとします。アクシスメソッド施術を受けることで筋肉が10個も20個も使えるようになるのです。

多くの筋肉を使えるようになることで、より多くの筋肉が連動して働けるため動きもスムーズになり、フォームも安定してくるので、最終的にパワーがボールにしっかり伝わるようになるので球威も上がります。

その3 持久力が上がります

その2で筋肉の連動性がよくなり、筋出力が上がると書きました。

アクシスメソッドをすることで、より多くの筋肉を連動しながら使うので、今までと同じような動作では疲れにくくなります。

どういう事かというと、同じ条件で100キロの重量物を5人で運ぶのと、10人で運ぶのは、どちらの方が軽く持てて長く運べるでしょうか?

同じ条件であれば10人ですよね。

より多くの筋肉が使えることで、連動性がよくなり、筋出力、柔軟性が上がり、持久力が上がります。

はーと整骨院でアクシスメソッドの体験も出来ますので、バージョンアップしたいあなた、今すぐお問い合わせ下さい。