腰痛と足のシビれにお悩みの方

腰痛と足のシビれ

腰と関係する筋膜とのつながりで、大殿筋、中殿筋、大腿筋膜張筋などの筋肉、間接的には背筋群とのつながりがあります。

今回は大腿筋膜張筋にフォーカスを当てたいと思います。

大腿筋膜張筋とは

大腿筋膜張筋は上前腸骨棘から起始し、脛骨外側顆に付着しています。

主な作用は大腿筋膜を緊張させる。大腿の屈曲、外転、内旋です。

筋膜ラインではラテラルライン(LL)に属しています。

このLLには臀部(お尻)の筋も含まれています。

この臀筋は背筋群とも筋膜上でつながっているので大腿筋膜張筋が硬くなることで臀筋も硬くなります。するとつながりのある背筋自体も硬くなるので、腰回りの筋肉が緊張し続けることによって筋・筋膜が原因になり腰痛になると考えられます。

もしくは大腿筋膜張筋が硬くなることによって臀部や大腿部に坐骨神経痛に似た症状が出ることもあります。

腰回りが痛くても、臀筋、背中の筋肉は大腿筋膜張筋が痛みの原因になることがあります。

どういう痛みやシビれ?

大腿筋膜張筋が原因で慢性的な腰痛があるような人には腰痛以外に、このような症状が多いです。

太ももの外側が重だるい。

太ももの外側がシビれる。

痛みが太ももの外側にある。

解剖学的メカニズム

大腿筋膜張筋の緊張が腸脛靭帯に移行していくため、太ももの外側の痛み、しびれは、腸脛靭帯も関わっていたりします。

これは太ももの外側に(大腿外側皮)神経と表層にある神経が走行していますが、大腿筋膜張筋が硬くなることで腸脛靭帯自体も緊張し、それが周囲の神経に影響し、大腿外側の痛みやしびれのような痛みがでます。

どういった人がなりやすいか?

猫背傾向の方

年配者で骨盤が後傾している方

足が外股になっている(がに股)の方

などの方がなりやすく、これは足(股関節)が開くことで大腿筋膜張筋が緊張します。

太ももの外側の痛みやしびれで,どこに行ってもよくならないあなたは当院独自の筋膜施術を受けてみませんか?