当院の肩甲骨、股関節を柔軟にするHogrelマシンを紹介!【その1】

当院のHogrelマシン・その1(ディッピング、インナーサイ)

当院のHogrel(ホグレル)マシンはディッピング、インナーサイ、レッグプレス、トータルヒップという4種類のマシンがあります。

今回の【その1】はディッピング、インナーサイについて紹介します。

【その2】でレッグプレス、トータルヒップを紹介します。

ディッピング(肩甲骨をホグす)

マシンの重さで、肘を上げ下げすることで肩甲骨、鎖骨の動きを出していくのがディッピングというマシンです。

肩甲骨周辺のインナーマッスルなどに動的ストレッチをかけ、筋肉を伸縮させることで柔軟性を向上させます。

ディッピングはどんなマシンなの?

肩甲骨の可動域を広げるためマシンです!」

 ディッピングは何に対して有効なの?

リラックスしての動的ストレッチには血液、リンパの循環を促しますため、肩こりの改善にも効果があります。

肩、肘、手首などに問題を抱えている場合は、痛みの範囲内で低負荷で反復運動を行うことで、これらの症状に対して改善が期待できるマシンです。

上腕と肩甲骨の連動性があがるので理想的な「肩甲上腕リズム」が出るようになります。

ボールを投げるのがスムーズになった

ラケットが振りやすくなった

ゴルフ、バットのスイングでフォロースルーがとりやすくなった

スパイクが打ちやすくなった

水泳で水をかく動作(ストローク)が楽に出来るようになった

肩こりが楽になった

肩のリハビリで無理矢理に動かさないので楽に出来る

などの声を利用者様から頂いております。

インナーサイ(股関節をホグす)

日常生活で普段あまりしない足の開閉運動です。股関節周囲の柔軟性を改善します。

股関節の角度をかえてマシンを動かすことで、内転筋、腸腰筋、臀部筋などの柔軟性改善が可能です。

インナーサイはどんなマシンなの?

股関節周囲筋の柔軟性をよくするマシンです」

インナーサイは何に対して有効なの?

腰や下肢の動き、歩幅を広げたりすることに有効です。

腰痛の改善に股関節の柔軟性の向上が有効でもあります。開脚動作の柔軟性向上は、後傾した骨盤の調整に繋がり、腰背部の緊張した筋肉の緩和に効果があります。ともに外旋筋の調整も腰痛の改善に効果があります。

【骨盤後傾】

インナーサイを使えば内外旋を伴った開脚閉脚動作を、日常では行いにくい動作を、低負荷を反復運動をすることで、内転筋をはじめ、股関節のない外旋筋を調整し関節可動域を広げてくれます。

内転筋が柔軟であると、身体の中心から力の伝達効率が上がり、末端に力を伝えやすくし、パワーの向上が期待できます。

ストライドが伸びた!

ハードリンクがスムーズに出来るようになった!

野球の投球動作でインステップしなくなった!

転びにくくなった!

などの声を利用者様から頂いております。

Hogrelのご利用、お問合わせは、はーと整骨院まで!